それから解約をすれば

通常、任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは別に、自賠責保険の範囲では補うことが難しい補償を受けるものです。上野クリニックのヒアルロン酸

これは任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上級保険という意味合いで働きますので自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を超えたときに機能します。ピーチジョン クリーム

それから、自賠責保険では対物損害に関しては補償対象にならないのでそれをカバーする時には任意保険にも入る必要があります。リファアクティブ

今現在任意保険を払っている自動車を手放す際は日本の自動車やイタリア車というようなことは関係なく、残っているお金が戻ってきます。レモンもつ鍋

日本の自動車についても例外ではありません。

自賠責保険の場合は、基本的にはそのままにしておくのが常識になっていますが任意保険というものは誰もがかける保険ではないので中途解約になります。

それから解約をすれば、支払っている残金が戻ってくることになります。

車の売買が決まったと言っても即任意保険の契約をキャンセルするというのはリスクが高いです。

当たり前ですが早く解約すればその分返還される保険料は多くなりますが、もし車買取のお店が離れた場所にあるため、自分で持っていくようなケースでは、任意保険に加入していない状態で車の運転をすることになります。

万が一のリスクに備えて、必ず今後自分が自動車の運転をすることはない状況になるまでは保険の解約手続きはすることがないようにしなければなりません。

中古車を買い取ってもらって違う自動車に買い換えるのでしたら良いでしょうが、もしずっと運転をしないような状況が続いて任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない時がある場合、前に続いていた保険の等級が下がるため任意保険の保険料が上がります。

そういったような時では「中断証明書」という書類を発行してもらうようにすることが必要です。

この「中断証明書」で、最長10年は中断前の保険の等級を引き継いで加入することが可能です。

これは13ヶ月以内であれば発行することができますから、仮に今現在で車を売却済みで、「中断証明書」を発行されていない状況でしたら任意保険の代理店にその旨を伝えるようにしましょう。

もし自分が新しくクルマを購入して買った後に以前持っていた愛車を査定してもらう場合は、任意保険の契約は一方のみのです。

保険の契約し直しという対応になるので乗る必要がある車ならば引き取りの際まで注意が必要です。

そして任意保険という保険は車の種類で額が少し違ってきますから車引き取り時は任意保険を振り返る好機でもあります。

コンテンツメニュー

    Link