支払う義務となっています

車に乗る人は知っているはずですが自動車税なるものが徴収されます。1ラウンドアフィリエイト レビュー

それで自動車税は、手放す愛車売却の際に還付されるお金なのです。カジノホテル マカオ

このことは実際実行してみると直ぐに頭に入ってくると思いますがこれから頭から流れを出来るだけわかりやすく案内したいと思います事前に補足させて頂けば、国内販売されている自動車に限らず外車も税が戻ってくる対象になってきます。ビフィーナ

当然ですが車についても当てはまります。http://xn--15q072a20g82ejm6ao5q.pw/

自動車税というのは自動車を持っている人が払わなければいけない税金なのですが、これは車の排気量により規定されています。愛され葉酸

1リッターより低いならば29500円、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円です。

その後は500cc毎に5000円増えます。

またこの税金は4月1日時点で車を所有している人が、来年3月までのお金を支払う義務となっています。

ということは前払いということですから、自動車を手放してオーナーでなくなった場合は先に払った分の税は還付される事を意味します。

この税は事前納付で年度内の全額を支払うから年度内に自動車を売却した場合は新しい保有者がこの税の納付義務を負うのです。

売却相手が専門店の場合は、売却した際にあなたが支払いすぎた税金を返金してもらえます。

まとめると、所有者でなくなった際より後の税は入れ替わったオーナーが納付義務を負います。

もしあなたが10月中にクルマを引き取ってもらったのであれば、11月から翌年3月中までの払った税金は返還されます。

それは、前述した通り自動車税の場合は前払いであるという事実からも明らかです。

つまり前所有者は売却先に税金を返還してもらうということです。

個人的にクルマを引き取ってもらうときに、何気にこの事実に気づかない方が見受けられるのでしっかり確認するようにしましょう。

自動車税という税金は車を売却すると戻ってくるということを意外と知っている人が少ない事をいいことに、その状況を悪用する買取業者もあります。

自分から自動車税について話を切り出さなければ返金のことに説明しないという場面もしばしば見られます。

ですので愛車の買い取りを頼むさいには払いすぎたお金が返ってくることをチェックすることを怠らないようにしましょう。

コンテンツメニュー

    Link