はっきりしない勘でエントリー

実際にパソコンの前でいつも変化している為替相場を見ているとすぐにトレードをしなければいけないという感情に影響される状況も多いです。http://webmania.to

でも、はっきりしない勘でエントリーするのだけは決してしてはいけません。

分かっていると思いますが、為替相場は終日、いつでもいずれかの国で為替市場が動いているし為替レートもいかなる時でも動いています。

しかし、立て続けに売り買いを積んでいくと、その回数分だけ損失が生じる危険性が上がります。

言うまでもなく、取引の数を積み重ねる事で、結果的に勝つ確率が半々になるのは事実。

でもこれは「漠然としたインスピレーションでエントリー」することとは別問題です。

取引回数を積み重ねる意味というのは、自ら「ここはいける」と感じた自信を持った状況でのトレード回数を積み重ねるという事です。

格段の理由がなく、のべつ幕なしトレードを重ねるのとはかなり異なります。

外国為替相場の勝負に負けないためには己でよく考えてメリハリをつけることが重要です。

「ここはいける」と思ったマーケットの時には覚悟を決めて持っているポジションを積み増して、集中して儲けを追い求めます。

「何となく頭をかかえる為替相場でどう推移するのか理解できないな」と思い至った時は、いっそのこと売買ポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もしない。

それくらいのテンポでやった方が、最後にはトレードは勝利します。

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

まったく言葉どおりだと感じます。

相場とは、何も常に売買ポジションを持っていることが肝心な事ではなく、売買ポジションを所有せずじっとしていることも事態によっては相場です。

では、どのタイミングで休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先述の通り、今の市場が明確によく見えない時。

現状から円高になるのか、それとも円安になるのかが明確でない時は、分からないまま行動すると、あなたの作った台本とは違った方向に外国為替相場が変動してしまい、損失を被る事になります。

このような場合はポジションを無くして何もしないで黙ってみているだけが唯一出来る事です。

もうひとつは、体の調子があまりよくない時です。

健康状態とマーケットにつながりがない感じる投資家もいるだろうが。

実際には思ったより関係がある。

体の状態が思わしくなければマーケットのミスできない局面で必要な判断が出来ない場合が多くなります。

やる気がわかない時は、トレードから離れる事も大切な事です。

コンテンツメニュー

    Link