どう推移するのかわからないな」と思ったならば

現実にノートPCの画面の前で止まることなく上がったり下がったりしているマーケットをご覧になっていると何となくトレードをしなくてはいけないという抑えようの無い感情に追い立てられる事も多いと思います。アヤナス

だが、不明瞭な直感で注文することは間違ってもしてはいけませんご存知の通り、市場は終日いずれかの市場が関いているしマーケットも常に、変動しています。ホワイトヴェール

しかし、頻繁に取引を積み重ねるとそれだけマイナスになる危険性が高くなります。草花木果

当たり前ですが、取引の回数を増やすことによって次第に勝利する確率が半々になります。カニ通販年末年始

けれどもその事は「なんだか分からない勘でトレード」してしまうこととは別の話だ。草花木果

注文回数を積み重ねるということは「ここがチャンス」と考え付いた機会を得られたうえでの売買回数を積み重ねるという意味である。1歳 誕生日 ケーキ 通販

格段の理由がなく、ひっきりなしに売買をするのとはかなり異なります。

マーケットの駆け引きにi挑むには、自分が意識して緩急をつけることが大切です。

「ここは勝てる」と思った為替相場の時には、覚悟を決めて所有ポジションを積み増して積極的に儲けを狙います。

「明らかに難しい外国為替市場で、どう推移するのかわからないな」と思ったならば、潔く諦めてポジションをひとつ残さず見切りをつけて静観します。

それくらいのリズムをつけた方が最終的に注文は儲けられます。

市場の格言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通り。

外国為替相場とは、いかなる時でもポジションを所有する事が肝心な事ではなくポジションを保有せずじっとしていることもまた相場です。

それならば、いつ、休むべきなのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、これからの市場が曖昧で良く見えない時です。

ここから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は、何も考えず行動すると、自身の書いたシナリオとは違った方向に外国為替相場が動いてしまい、損する事になってしまいます。

こういう場面ではポジションを閉じ、そのまま何もぜずに様子を見ているのが唯一出来る事です。

ふたつめは、あなたの体の調子が思わしくない時です。

コンディションと外国為替相場につながりがない考える投資家もいるだろうが。

つながりがあります。

健康状態がすぐれなければ為替相場の決断しなければいけないところで、必要な判断ができない。

関心がわかない時はマーケットから遠ざかる事も肝心な事です。

コンテンツメニュー

    Link