別件として「申告分離課税」の対象となります

外国為替証拠金取引(FX)においては取引所取引という所がございます。

通常の外国為替証拠金取引(FX)企業と取引を実践することを「店頭取引」と呼ぶのですがこの取引については取引所を通過させないで売り買いの相手は外為取引(FX)企業になります。

「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)会社はとはいっても橋渡しあってストレートの売り買いペアは取引所という訳になるのです。

この違いをただ今少し比較してみます。

第一に「店頭取引」の際は一時預かりしておるお金は外為(FX)企業に調節されています。

反面「取引所取引」の際、この証拠金は全額取引所に預け入れしなければならないと決められています。

そうする事で万一外国為替証拠金取引(FX)業者が経営の行き詰まりをするようなことが万が一あったとしても後者は、取引所によって証拠金が全ての額ガードしてもらうことになっています。

前者の折は外国為替証拠金取引(FX)業者が管制しているので、状態を見て会社経営の行き詰まりのつけををこうむり預けていた資金は防衛されないのかもしれません。

加えて税金面からみても両者については取り決めに差異があります。

「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として給料と加算して申請しないとなりません。

けれども確定申告しなくても大丈夫なおりもある様ですので、自分に一致するか否か十分確認していただきたいです。

もしかしてアナタがサラリーマンで収入2000万円以下給与所得以外の利益が20万円以下(2社以上の企業から給与所得がなし)というようなのような取り決めを守っているということであれば特別という事で確定申告は不要で大丈夫です。

FX(外国為替証拠金取引)利益が20万円以上の時は確定申告をするようにして下さい。

税金の率は実収に追随して5〜40%の6段階に均分されていまして収益が高いのなら税も上がってしまいます。

「取引所取引」については、収益があるのであればその他の所得とは別件として「申告分離課税」の対象となります。

税の割合は全て同じ20%となるのですがもしも損が確定したという事ならば「取引所取引」の利点として損金分を来年以降に先送りが可能です。

上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低価格な税になる事もありますので検討して見ていった方が良いでしょう。

ことに初心者の方なら、株価の浮き沈みや円相場にいつも配慮し、黒字や欠損分に一喜一憂する事により、税金に関してのことを忘れ易くなってしまうこともありがちです。

損は困ります。

でも、手取りが多くなれば税金も金額が増えるので神経を使うのとわきまえる事がポイントです。

コンテンツメニュー

    Link