www.omidsadri.com

借入などの支払い方式はクレジットカード会社の方針によって随分ギャップというものがありまして、様々なメソッドが採用されております。類型的なところでは残高スライド法やリボ払法が多く採用されているみたいです。そしてこんな誰でもご存知のリボ払でも実は勘定にはいろんな形式というものがあるのです。よってさよう種類に応じて引き落し金額が違ってきてしまうわけですので心得ておいて負担はないはずです。そうしたら易しく両者の様式の差異に関してを解説しましょう。はじめは元金均等払い、その次は元利均等払いです。それぞれその名を冠する通り、元本について均等にして返済していくという方式と元金と利率をつごうで均分に返済していく形式です。ここではもし10万円カードローンをしたと仮定して実際上どういう算出をするのかやってみます。利率は双方とも15%と仮定し考えます。更にリボルディング払に関する金額を1万円と仮定して算定します。はじめに元金均等払いからいきましょう。こうした時の1回目の返済は1万円に対して利率分1250円を計上した支払額になります。次の支払いは1万円に金利の1125円を計上した支払いとなるのです。かくして全部で10回で支払いを完了させると言う手法になります。一方、元利均等払いというものははじめの支払に関しては1万円で元本に8750円、利息に1250円という具合で割り振ります。次回の支払に関しては元金が8750円へと減少した状態にて金利を勘定して、1万円から再度割り振りをします。詰まるところ元利均等払いの事例では10回で返済が完済しない算出になってしまいます。こればかりの相違で両方がどのくらい相違しているのかたっぷりとわかったことかと思います。元利均等というものは元金均等に比肩して、元が縮小するのが遅延しているというような弱点といったものが存在したりします。則ち利子というものを多く支出するというような状況になるわけです。他方初回の引き落しが小さな金額で落着すると言う強みというものもあったりするのです。こうした支払い方法に関してのギャップに呼応して、支払合計額というのが変わってきたりしますのでご自分の返済計画に合った計画を取るようにしてください。

コンテンツメニュー